リフォームの打合せに新築の資料

リフォームの打合せに、新築住宅の資料を持っていくのはお門違いだと思っている人もいるでしょうか。しかし、そのようなことはありませんからね。リフォームの打合せに自分の理想の新築住宅の資料を持っていっていいのです。

リフォームにしましても、リフォームをお願いする建設会社に、「住宅をこんな感じにしたい!」という自分たちのイメージをわかりやすく伝えることが大切なのです。

ですから、自分たちの理想とする住宅のイメージがしっかりと相手に伝わるように、できるだけたくさんの資料を提示するのは良いことです。とくに造作家具の場合は、自分たちがイラストで描くのもいいですが、「これ!」というイメージを写真で提示できれば、より相手に伝わりやすくなると言えるでしょうか。

新築住宅だとかリフォームした中古住宅だとか写真資料の住宅の状態にこだわらず、自分の思い描く住宅に近い写真があれば、提示した方がいいのです。できるかできないかの判断はプロがしてくれますしね。資料はできるだけ多くあるに越したことはありません。