超低金利時代ゆえに注意すべき住宅ローンの借り方

住宅ローンを借りる際には、金利は誰しも気になります。この金利によって、総返済金額が大きく違って来るので、当然です。この住宅ローン金利は、もう何年も超が付くほどの低水準です。

この超低水準の金利の時こそ、思い切ってローンを組んで住宅を購入するタイミングだと考える人も多いものです。しかし、こんな時だからこそ、ローンを組む際には注意すべき事があるのです。

まずは、身近に住宅ローンの相談が出来る人がいれば相談する。

居ない人はこの記事を参考にして頂ければと、35年返済で住宅ローンを組む場合、金利が異なれば、当然月々の返済金額が異なってきます。超低金利の時に、月々の返済が何とか可能だと言う金額を借りると、金利が上昇すれば返済に行き詰まる恐れが生じるのです。

低金利が長く続いていると、金利が極端に高くなるなど考えられないかも知れませんが、35年と言う長期間においては必ずあると考えるべきです。

こうした低金利の時期ゆえに、例えば3.5%の金利に上昇したと仮定して、月々の返済金額をシミュレーションして、金利の返済金額に及ぼす影響を実感すると共に、それでも返済可能な借入金にすべきです。

また金利の如何に関わらず、ボーナスでの返済は組み込まないようにする余裕も持つべきです。こうして余裕を持った返済計画とし、余裕分をコツコツと蓄え、万が一金利が急上昇するようなタイミングで、繰り上げ返済する備えとすると良いでしょう。