住宅ローン・リフォームと今後

2020年東京オリンピックを控え東京の中心部の地価が少しずつ上がり始め一時的ですが活気つきました。

一部の地価の上昇に反して日本の長期金利低下に伴い大手金融機関をはじめ地域金融機関の住宅ローン金利低下の競争が続いております。日本では住宅ローンを利用し底に抵当権を設定し返済していくのが一般的です。また金利低下や価格競争に伴いリフォームをすることも多くなっているようです。最近では単純にリフォームという目的でのリノベーションローンだけではなく底地に抵当権を付けるリバースモゲージ式の融資(限度額範囲内で何度も利用が可能)も徐々に浸透していっているのが現状です。これらは日本国民の家族の生活事情や跡継ぎ問題など上手く考えられているものが多いようです。2016年11月には米国トランプ次期大統領が決まり世界的に活気がつきましたが一時的なものでしょう。TPP問題や核兵器問題と日本を取り巻く環境の変化にしたがってこれからの日本の住宅環境や生活環境も変わっていき住宅ローンやリフォームといった手段もカタチを変えていくかもしれません。